第68回日本小児保健協会学術集会(The 68th Annual Meeting of the Japanese Society of Child Health)

プログラム

会頭講演

大きな和で育む 子どもの未来

基調講演 

子どもの未来のための小児保健の役割(案)

特別講演 

1.大きな和で災害に立ち向かう-首里城再建を目指して-(案)

2.台湾におけるCOVID19対策 ~オードリー・タンが語る~ (案)

3.障害児者家族の現状と課題、提言
〜障害児者・家族を切れ目なく支える社会的仕組みの提言〜

教育講演 

1.3歳児検尿・学校検尿の子ども腎臓病診療における役割(案)

2.乳幼児健診~関連領域のスクリーニングを考える~(案)

3.小児保健における成育基本法の活用方法(案)

4.子どもの運動スポーツとサプリメント・ドーピング〜管理栄養士の視点から

5.メディア依存とネット環境の未来(案)

6.①胎児からはじめるアレルギー対策
②子どものアトピー性皮膚炎の予防・治療戦略
 ースキンケアからプロアクティブ療法までー

7.体罰としつけの間にあるもの(案)

8.小児医療と医療倫理 〜立ち止まり、選択を意識し、中庸を目指す〜

9.ワクチン接種ためらいへの対応

10.「子どもの肥満症Q&A」
〜子どもの肥満に対する正しい理解と対応法の普及を目指して

11.キズ・キズアトの治し方(案)

12.母子手帳の温故知新

COVID19対応 

基本シンポジウム COVID19と子どもの未来・レジリエンス

分野シンポジウム1 コロナ禍での経済危機と子どもの貧困

分野シンポジウム2 コロナに負けない! 災害に負けない!
〜コロナ禍での医療的ケア児への関わり方〜

シンポジウム 

1.沖縄の子どもたち~むし歯減少の先に見えてくるもの~

2.子ども期の「生活の質」から生活習慣を考える

3.子育て世代包括支援センター(母子健康包括支援センター)が目指すもの

4.周産期医療体制・支援体制の実践

5.神経発達症セミナー

沖縄チャレンジ企画 

シンポジウム 成人期へつなぐ切れ目のない発達支援を実現するために

日本小児保健協会企画 

若手シンポジウム1 コロナ禍におけるICTを活用した先進的な取り組み

若手シンポジウム2 性教育の多様性~ミライはどうなっている?~

ポスターダウンロード

大会事務局

公益社団法人
沖縄県小児保健協会
〒901-1105
沖縄県島尻郡南風原町字新川
218-11番地

運営事務局

株式会社沖縄コングレ
〒900-0015
沖縄県那覇市久茂地3-1-1
日本生命那覇ビル
TEL:098-869-4220
FAX:098-869-4252
E-mail:jsch2021@okicongre.jp